1/1

インドネシア マンデリンG1 アチェ・ディープグリーン100g

¥800 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

生産地:アチェ州 タワール湖周辺農家
栽培品種:Ateng他
標高:1250mから1600m
精製処理:スマトラ式

アチェ州タワール湖の水面で海抜1200m以上であり、既にコーヒー栽培ができる環境で、湖畔からでも栽培が見られます。
商品【Aceh Deep Green】は、湖の写真右方面のCentral Acehと左方面のBener Meriahの農家から直接買い付けています。
この地域の大半の人々はコーヒー携わっていると聞きます。
しかしながらLintong(リントン)コーヒーで有名な北スマトラ州に比べ
ブランド力に遅れがあるようです。
北スマトラ州には世界最大のカルデラ湖Lac Toba(トバ湖)が有名で世界中から観光客が集まる事と、アチェ州は2005年頃まで内戦状態にあり、独立を目指していたことが影響していると考えられます。
リントンコーヒーはトバ湖周辺で生産されており、こちらのタワール湖周辺のコーヒーまでは約200~400kmと近く、大きく環境に違いはありません。
強いて言えばタワール湖周辺の方が赤道から離れている事と湖面を比較したときに
300mほど高い事から涼しい環境だと考えられます。
ここの生産者は口をそろえて
「ブローカーたちは、ここのコーヒーを買付、リントンの名前で輸出してる。」などと
不満を漏らします。 そのような話はにわかに信じられませんが、事実として有名産地との取引価格には違いが有るようです。
生産者達は、ここで生産されるトップクオリティーのコーヒーを、
どうか地域名(GayoやAceh)の名前で販売し有名にしてほしいと願っています。
※コーヒー豆は挽くことも可能でございます。
その場合は備考欄に抽出方法をご記入いただきますようお願いいたします。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥800 税込

最近チェックした商品
    その他の商品